「リンパ腫」から生還をして、寿命を使い切った犬は1匹も居ないのか…?
 獣医学会のHPで、こんなQ&Aをみつけました。
 「リンパ腫」から生還をして、寿命を使い切った犬は1匹も居ないのか…?
 回答は、リンク先のとおり。(ツッコミを入れたい部分もあるけれど、希望を持たせる回答です)

 また、犬のリンパ腫の予後不良因子として、次の3点が認められていると回答されていました。
  ・腫瘍細胞の起源がTリンパ球由来であること
  ・腫瘍が胸腔の縦隔洞に存在すること
  ・血液検査で高カルシウム血症があること

 ちなみに、はやてっちの腫瘍細胞は、PCR検査の結果、T細胞ではなく、
 B細胞由来であることが判っています。

 はやてっちは、抗がん剤により軽い副作用がでることもあるけれど、今のところ
 容態が悪化することもなく、ここまで順調なのは珍しいくらい良好な状態が続いています。
 この奇跡的な状態が続いて、本当にリンパ腫になった犬の 希望の星 になれたらいいな!

c0043500_15285870.jpg

[PR]
by corghayate | 2008-11-08 15:29 | リンパ腫との闘い 1st


<<  秋晴れ~~~  快晴~♪ >>